しゅふふな日記

日々の気づき・発見・ひらめきを記録していきます。

小松菜の塩漬け

ごはんのお供に小松菜の塩漬けを作りました♪ ということで今日のお弁当メニューは、 ご飯の上に、小松菜の塩漬け、梅干し、自家製赤じそふりかけ。 おかずは、のりたまご、スナップエンドウ、ちくわの甘辛炒め。 今日の注目は、この小松菜ね。 せっかく専業…

コーヒーゼリー 試作1

旦那さまのリクエストで、コーヒーゼリーを作ります。 レシピを確定させるまでは、実験が続きますよー。 今日は第1回目。 たまたま買ったゼラチンのメーカーさんのHPでレシピがあったので、 まずはこれを参考に作ります! ↑これはインスタントコーヒーで作っ…

苦手克服アイロンがけ!

今日はアイロンがけします! 私はとってもアイロンが苦手です。きっぱり! 旦那さまのワイシャツのなかに、形態安定ではない、必ずアイロンをかけないといけないものが何枚かあります。 現在数か月に一度しか着ていない状況。 アイロンはかなり気が向いた時…

ハムたまご

今日の卵焼きはハム卵。 のりたまごもそうなのですが、渦巻がかわいい♪ でも、初めて作ったときは渦巻がきれいに出ませんでした…。 卵焼き器の横幅が大きいとうまくいかないようです。 私の場合、できた卵焼きは4つに切ります。 まずは半分、次にそれぞれを…

紅ショウガたまご

お弁当のたまご焼きバリエーション。 今日は紅ショウガたまご。 紅ショウガを刻んで卵に入れ込みます。 紅ショウガにもたっぷり塩が含まれているので味付けの塩は控えめに。 暑い季節になると、こういうピリッとするのも、すっきりとおいしいでしょ♪ 梅干し…

カッターシャツのポケットのお掃除。

春になって、夫がスーツの中にベストを着なくなる季節になると、 いつも焦ってやるお仕事。 カッターシャツのポケットのお掃除。 日ごろからやっておけばいいのでしょうけれど、 秋ごろからベストを着て、冬にはセーターを着て、 見えないからいいかと思って…

アワゴケ(泡苔)

今日の草はとっても小さいです。アワゴケ 全長2~3cm。葉一枚数ミリ。 いわゆるコンクリートブロックのひとつの穴です、これ。 こんな感じ。 真ん中の草はまだ名前が調べられてないので抜けない草(笑) 小さいし、花も咲いてないしと気に留めていなかった…

ねぎたまご

またまた、お弁当の卵焼きバリエーションです。 今日はおねぎ入りの卵焼き♪ 後は、自家製赤じそふりかけのごはんと、ブロッコリーとソーセージ♪ 一応たまごのアップ。 いやぁ、卵焼きっておいしいよね♪ おねぎは風味もあるし甘味をあってなんだかうれしい。 …

出汁巻き

お弁当の卵焼きバリエーションのひとつ、出汁巻き♪ その他は、たけのこご飯、ブロッコリー、ごぼう天。 朝の時間を節約するための作り方がありますよ。 片栗粉を水で溶いて、その器に卵を割り入れて、 出汁醬油を入れて卵を溶きます。これを焼きまーす。 こ…

ヤエムグラ(八重葎)

葉が六枚お花のように出てるので、 なんだかかわいいヤエムグラ。 でも、葉も茎も全身ちいさなとげだらけです。 そう、これは引っ付き虫なんです。 地面に這っているのもありますが、 この写真は得意の引っ付きで壁を登ろうとしているところ(笑) それでひ…

<訂正>タチチチコグサ(立父子草)

記事を書きましたが違うかった…。 あぁ、ごめんなさい。 写真を撮って調べてしばらく悩んでまた調べてチチコグサ!と思ったけど、そうしているうちにさらに成長して、これはどうもタチチチコグサだという結論に至りました。 ふぅ。 すみません。 幼少のころ…

洗濯のネットの裏返すタイミング

今日ひらめきました、洗濯のネット。 明日からは、裏返しで使うタミングを決めました! お洗濯ものが多ければ、衣類は白いものと黒いものにわけて別々で洗うのですが、 少ない時は、白と黒で、少ない方をネットに入れて、 1回で一緒に洗濯しています。 そし…

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)

突然みぞに生えてきたこれ。 いつものサイトなどで調べてもなかなか出てこないのと、 お隣さん宅ではかなりな面積で生えていることから、 雑草ではなく園芸種か?ということになり、さらに調べるとやはり、 ヒメツルソバという園芸種でした。 育て方が載って…

チチコグサモドキ(父子草擬き)

チチコグサ第2弾です。 わが家にすべてのチチコグサににた植物が生えていれば見比べやすいのですが、 そうもいかず(笑) ようやくチチコグサモドキであろうというところに辿り着きました。 ハハコグサと比べて葉の毛が少ないのと、 葉の形がまるっこい(ヘ…

改訂版 明太たまご

お弁当の卵焼きバリエーションで、 以前に明太子を真ん中に入れ込んで焼いたものを作りましたが、 明太子にしっかり火が入らないことが判明し、 ほぐした明太子を、焼く前のたまごに混ぜてから焼く改訂版を作りました! まずは卵焼きの拡大写真。 つぶつぶが…

ウラジロチチコグサ(裏白父子草)

ウラジロチチコグサですー。 ハハコグサ、チチコグサの仲間はすっごく見分けるのが難しく、 後回しにしていました(笑) でも、これはわかりやすい。 べたっと広がって葉が出てくるし、表はあまり毛(?)がなくて、 裏には毛があって白い。 ぺろっ。 ね。 時…

オッタチカタバミ(おっ立ち片喰)

今回も見分けに苦労しましたー。 オッタチカタバミです! 多分、大丈夫だと思う。 普通のカタバミと、オッタチカタバミとの区別がわからなかったので、 種が出来るまで待ちましたよ。 種は上向いてできて、下側に枝(?)があるわけですが、 その枝が上向く。中…

トウバナ(塔花)

なぜに「塔」? と思ったトウバナ。 這っているのも。 私には小さなちいさなアジサイに見えます。 でも、いつもの千葉県立中央博物館「野草・雑草検索図鑑」によると、 「花が何輪も重なって付く様子を塔にたとえた」ということです。 写真はうまく撮れなか…

小エビ入り卵焼き

卵焼きバリエーション第3弾です。 小エビ入りの卵焼き♪ ごはんは季節のタケノコご飯♪ 乾燥アミエビを卵に混ぜて焼きました。 エビさんからお出汁が出ておいしいのです! でも拡大しても、エビは見えないかも…。 桜エビよりも手頃なお値段だし、おジャコの代…

ムシクサ(虫草)

変な名前です(笑) ムシクサの5月初め現在の様子はこんな感じ。 花が終わって、実が出来ています。 実は平たいけれどぷっくりしててハート形♪ ここに虫がたまごを生んで、実が変形していることが多いことから、 ムシクサという名前になったらしい。 ほかに…

コナスビ(小茄子)

いままでこんな草あったっけ? というぐらい見た記憶がなく、それにしてははびこっています。 コナスビ。 茎が赤っぽくて、初めは上に伸びるけど、 だんだん数本に分かれて、地面を這ってきて、 黄色い花を咲かせます。 これはいろんな春の花より少し開花は…

明太たまご

今日もお弁当の玉子焼きのバリエーションです♪ 明太子を真ん中にいれた明太たまご。 ほかのおかずは、ごぼてん、プチトマト、きぬさや。 あ。何も料理してないものばっかり(笑) たまごのアップ。 お弁当なのであんまり生っぽくないほうがよいかと、 切った…

スズメノカタビラ(雀の帷子)

「コスズメガヤ」と悩んだけど、花の時期が違う。 春に咲くのはスズメノカタビラ。 あと、実の穂の形がなんか違う。 すみません、これ以上は私には無理…。 実はもっと前に花が咲いていたのですが、 写真の私の技術的に細っこいものを写せなくて後回しに(笑…

アカカタバミ(赤片喰み)もしくはウスアカカタバミ(薄赤片喰み)

あれー!もう花が咲いて実が出来てる! ハート型の葉っぱのカタバミ。 でも昔の人は、このハートのくびれ部分を、誰かにかじられたと表現して「片喰み」になったようですね。 しかし、カタバミってけっこう種類があります! 今回もこちらでお世話になりまし…

のりたまご

久しぶりのお弁当記事(笑) 今日は、わかめご飯のゴマのせ、卵焼き、ちくわの甘辛炒め、プチトマト。 何の変哲もないですが、いつも入れる卵焼きは、毎日違うバリエーションで入れたいと思っています。 で、今日は海苔を巻き込んだ卵焼き。 渦巻模様ができ…

コモチマンネングサ(子持ち万年草)

少し葉にぷにっと感がある草です。 コモチマンネングサ。 5-6月に黄色い花を咲かせるらしい。 そして、そのころに、葉のわきに小さな芽(子ども)ができるので、 「子持ち」の名前がつくんだって。 「万年」なのは抜いてもなかなか枯れないから。 母は強し?…

ツメクサ(爪草)

クローバーのことを「シロツメクサ」と言いますが、 クローバーは「詰草」で、これは「爪草」(笑) いつもの千葉県立中央博物館「野草・雑草検索図鑑」によると、 葉の形が鳥の爪に似ているかららしい。 ちょっとぴかっとテカリがある感じで、言われてみれ…

トキワハゼ(常盤爆ぜ)

かわいいお花です。すみれっぽい。 この「トキワハゼ」は「ムラサキサギゴケ」と似ているらしいですが、 花の上唇(というらしい)の切れ込みの違いと、つるが出るかどうかでわかるらしい。 「ムラサキサギゴケ」の上唇は大きく切れ込み(トキワハゼはよく見…

オニタビラコ(鬼田平子)

お弁当はどうなった(笑) ずっと草の記事ばかりです。 さて今日はオニタビラコ。 田んぼに葉を平たく広げている形だから田平子なんだって。 もうすこし小さくてやわらかそうな「コオニタビラコ」だと、 春の七草の「ホトケノザ」のことらしいのですが、 こ…

カラスノエンドウ(烏野豌豆)とスズメノエンドウ(雀野豌豆)

これは結構有名かしら? カラスノエンドウ。 これより少し小さいのがスズメノエンドウ。 大きさが違うのですぐわかります。 お花の色も、カラスノエンドウのほうがはっきりしたピンク色っぽくて、 スズメノエンドウが白っぽい藤色。 ほら。 左がカラス。右が…